予防歯科

予防歯科

歯を失う理由の70%以上は虫歯と歯周病で、その最大の原因は「プラーク」(歯垢)です。

プラークはただの食べかすではなく細菌の塊で、細菌が出す酸などが虫歯や歯周病の主な原因となるのです。

そこに唾液中のカルシウムなどが付着して石のように固まったものが「歯石」で、歯磨きだけでは取ることができません。

歯磨きをしていれば虫歯や歯周病にならないという単純な原因ではありませんが、

日常生活の中できちんと歯磨きを行なって細菌の数を減らせば、菌数の増加による虫歯や歯周病は確実に予防することができます。

家でできるホームケアと、歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせて虫歯や歯周病を予防することを
「予防歯科」といいます。

実際に虫歯や歯周病になってから治療を始めるのではなく、ならないために定期的に通院し、
ブラッシング指導、フッ素塗布、クリーニングなどを行なうのです。

ホームケア(セルフケア)

ホームケア(セルフケア)

家ではブラッシングや食生活に気をつける必要があります。

ブラッシング(歯磨き)はプラークコントロールの基本です。

正しい磨き方を身につけ、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどを組み合わせてケアしましょう。

子どもの場合は、おとなが必ず磨き残しのチェックと仕上げ磨きをしてあげてください。

食事は1日3回規則正しく摂り、なるべく砂糖が入った食品を避けるようにしましょう。

食後の歯磨きを心がけましょう。

最も悪影響なのは、砂糖の入った食品をだらだら食べ続けること。これではどれだけブラッシングをしていても虫歯になります。

ブラッシング(歯磨き)

ブラッシングとは、歯ブラシなどの器具を使い、

歯に付着した歯垢(プラーク)=最近の塊を落とすことです。

ブラッシングは虫歯や歯周病を予防するためにとても大切で、プラークコントロールのメインとなるものです。

毎日ブラッシングしているのに、虫歯や歯周病になってしまったという経験のある方は、歯を「磨いているのと磨けている」のは違うということを理解しましょう。

ブラッシング上手になるコツ

  • 自分に合った歯ブラシや歯磨き粉を選ぶ
  • 歯ブラシは力を入れずに持つ
  • 歯と歯肉の境目には、歯ブラシを45度の角度で当てる
  • 磨きにくい部位や、磨けていない部位を知る
  • 歯科衛生士さんに遠慮なく聞くこと

プロフェッショナルケア

フッ素塗布

家庭ではもちろん、歯科医院でケアすることにより、さらなる予防効果が生まれます。

歯科医院を上手に利用し、虫歯や歯周病の予防に努めることが大切です。

フッ素塗布

歯科医院で塗布するフッ素は、フッ素化合物(フッ素と別のものが化合した物質)を指し、ほかの物質の影響を受けにくいという安定性があります。

この性質を応用して歯に高濃度のフッ素を塗布します。

フッ素の膜を作り、汚れがつかないようにすることで、虫歯から歯を守ることができます。

十分な効果を得るためには、年3~4回塗布を行なう必要があります。

フッ素というと子どもの予防と思われがちですが、酸に溶けにくい結晶を作り、歯を強くする効果があるので、すべての年代の方に効果があります。

ただし、若い方の方がその効果は高くなります。

PMTC

PMTC

ホームケアでは取れない汚れや硬くなった歯石は、歯科医院でクリーニングする必要があります。

定期的にクリーニングを受ければ、口の中を常に良好に保つことができるので予防には欠かせません。

PMTCとは、「Professional(専門家が)Mechanical(機械を使って)Tooth(歯面を)Cleaning(クリーニングする)の略称で、虫歯や歯周病の予防に効果的なクリーニングのことを指します。

ポイックウォーター(POICウォーター)

ポイックウォーター

特殊な次亜塩素酸水の事で、バイオフィルムまで浮き上がらせる作用があります。

洗口により簡単に口の中の汚れや細菌を洗浄・除菌できます。

その効果は強力ですが、薬品を使用しておらず、間違って飲んでも人体に害がない安全な液体です。

なぜなら、「塩化ナトリウム」と「純水」を「電気分解」して作るからです。

簡単に言うと、

原材料は塩水です。

そして、次亜塩素酸は我々の体内でも作られています。どこで作られているのかというと、

免疫細胞が作ります。ウイルスや細菌と戦うときに、次亜塩素酸を敵に注入するのです。

ですから、我々の体内にもすでに持っている物質です。

市販されているうがい液と比べると、安全性と殺菌力とその効果の差は歴然。

安全にプラークを分解し、殺菌できるので、お子さまから高齢の方までホームケアとしてご利用いただけます。

定期的なメンテナンス処置(歯周安定期治療)

定期検診

歯を守るためには、定期的な除菌が必要です。

また歯石は誰でもついてきます。歯石の上から歯石磨きをしていては歯磨きできていません。

1か月に1回の除菌

2か月に1回の除菌

3か月に1回の除菌

もちろん、1か月に1回の方が良いに決まっています。

現在、歯周安定期治療という保険診療の項目があります。

これは、歯周病の治療を行い、治療が終わり歯周組織お安定した方が、継続して安定させる事を目的とした処置です。

つまり、保険診療において、継続しないと、安定は無いですよ。という事です。

だから、このような保険のルールが生まれました。

虫歯にならないことはもちろん、もし虫歯になったらすぐに治療すること、そして治療後の歯や歯茎の継続安定処置をしっかり行なうことが必要です。

しかし、歯の隙間や裏側などセルフチェックが難しい箇所があり、初期虫歯を見つけることは困難です。

継続安定処置を望まれない方も、

定期検診を受けていただき、自覚症状が出る前に歯科医師のチェックを受けることが大切です。おとなは年1~2回くらい、お子さまは年2~3回くらいが、定期検診の適切な頻度となります。

安定期処置の内容

  • 歯周病や虫歯の検査
  • 歯磨き指導
  • 専用器具による歯石の除去
  • バイオフィルムの除去(除菌)
  • フッ素塗布などの虫歯予防
  • 歯磨きができていない部分のチェック

レーザー治療による予防歯科

レーザー治療による予防歯科

当院ではレーザー照射とフッ素(イオン導入)を併用する処置により、歯質の強化を促進させ、歯の耐酸性すなわち虫歯耐性を高めることができます。

また、歯と歯肉の隙間である歯周ポケットにも、レーザー照射することで、ポケット内の殺菌、歯面測では歯質強化を図り、虫歯や歯周病になりにくくします。

レーザーによって虫歯になりにくい歯、歯周病になりにくい歯肉をつくることで、より健康な歯を残せるようになりました。

詳しくはこちら