なるべく歯を削らない治療 ~プラズマレーザー・ドックベストセメント治療

ドックベストセメント

ドックベストセメント治療で使用する材料は、

ドックベストセメント」「コーパライト」「POIC水(次亜塩素酸水)

この3つが最低限必要となります。

正しいドックベストセメント治療において、「コーパライト」を使用します。

コーパライナー」という類似品が日本で販売されていますので、ご注意下さい。

この治療方法は、

虫歯を削って治すという一般的な虫歯治療とは異なり、
ドックベストセメントというミネラル成分を含んだ特殊なセメントを患部に塗ることで、

虫歯の原因菌を殺菌できるという画期的な治療方法です。

一般的な虫歯治療では、多くのケースにおいて虫歯はもちろん健康な歯も削って治療をしています。

それは、詰め物や被せ物で歯の機能を取り戻すために必要だから行なっているのですが、削った部分が多ければ多いほど、歯は弱くなってしまいます。そして、一度削った歯は二度と元には戻せません。

一方、ドックベストセメント治療では、なるべく歯を削らないだけでなく、全く歯を削らずに治すことも可能です。

そのためには、虫歯の自然治癒力を高める食生活の改善は必須となります。
体質改善が完成すると、再石灰化が起こりやすい口腔内になり、
治療による痛みや通院回数も少なく、歯の寿命を縮めるような負担をかけずにすみます。

ドックベストセメントの治療

ドックベストセメントの治療

初期から少し進んだ虫歯

一般的な虫歯治療では、虫歯の部分をすべて除去するため、虫歯部分より少し大きく歯を削ります。

一方ドックベストセメント治療では、再石灰化しないぐらい悪いところは削りとります。

石灰化する可能性があるところは削らずにドックベストセメントを詰めます。

無駄に歯を削り取る必要がないため、神経に影響することが少なく、治療後に歯が痛み、後日神経をとらなくてはならない可能性が低くなるというメリットがあります。

また、歯を削る量が少ないほど歯の健康を長く保ちやすくなります。

ドックベストセメント中の銅イオンの殺菌力が虫歯の原因菌を死滅させ、炎症が治まったことが確認できたら、詰め物をして治療は終了です。

神経まで達するぐらい深い虫歯の場合

一般的な治療では、歯の中にある神経をすべて取り除き、神経の代わりとなるゴムの詰め物をします。

一方ドックベストセメントでは虫歯の感染部分をすべて取り除いてしまうと神経が露出してしまいますので、神経まで達している虫歯の部分を除去せずに、ドックベストセメントを詰めます。ドックベストセメントのミネラルは虫歯の原因菌を半永久的に殺菌し続けます。歯の中に虫歯に感染した部分は残りますが、虫歯の原因菌はドックベストセメントで殺菌されているので、進行することはありません。

1年以内に歯の神経の症状がでなければ、ドックベストセメントによる治療は完了です。

なお、当院のドックベストセメント治療は、プラズマレーザーと併用します。プラズマレーザーを用いて虫歯を殺菌してから、ドックベストセメント治療を行なうことで、治療効果は​格段に向上します。

治療が不可能な場合は、すでに神経が死に始めている場合です。

残念ながら、死んでいる神経は生き返りません。

ドックベストセメントによる殺菌・再石灰化

ドックベストセメントによる殺菌・再石灰化

患部に塗布するドックベストセメントには銅(Cu)、亜鉛、リン、鉄(Fe)などのミネラルが含まれており、主に銅の殺菌力が虫歯の原因菌を死滅させ、銅イオンと鉄イオンの電位差がバイオフィルム(虫歯の原因菌がつくる歯を溶かす粘液)の生成を阻止します。

また、ドックベストセメントは、虫歯に浸食された象牙質(歯の内部の組織)を殺菌するだけでなく、ミネラルの力によって浸食された象牙質の再石灰化を助けます。ドックベストセメントによって無菌化され、再石灰化して硬くなった歯は削る必要がないため、「歯を削らない治療」が可能となるのです。

ドックベストセメントの特長

虫歯の原因

歯をほとんど削らないため、痛みが少ない ドックベストセメント治療では必要以上に歯を削らずにすみます。
虫歯の入口が表面にない場合は、削ることになります。
歯の神経を残せる可能性が高い ドックベストセメント治療は、虫歯をすべて取りきる必要はありません。
ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力で
患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。
硬く固まるため、流れてしまうことがない ドックベストセメントは、もともと歯科用の接着剤(セメント)で硬く固まるため、
ミネラル成分が流れ出て、目に見えて減ってしまうようなことはありません。もちろんミネラルは周囲へ供給はされます。
殺菌力が長く持続する ドックベストセメントの鉄イオンと銅イオンのコンビネーションによる殺菌力は、
半永久的に持続します。もちろん、殺菌力以上の菌数の前では負けてしまいます。
主成分は天然ミネラルなので安全 ドックベストセメントは、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、
人体に対しても安全で、副作用などの危険はありません。妊娠中の使用も可能です。
また、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーが少ないというデータもあります。
通院回数が少ない ドックベストセメントは、殺菌力の劣化はありませんし、神経を取らずに治療ができる可能性が高いため、ほとんどのケースにおいて一般的な虫歯治療よりも治療回数を少なくすることができます。神経を取ると5~6回治療回数が必要です。
象牙質を再生させる可能性がある 虫歯の原因菌に浸食された象牙質がドックベストセメントのミネラルを補給することによって、
象牙質の再石灰化が期待できます。

ドックベストセメント治療の留意点

虫歯の部位や状態、範囲の大きさによっては治療ができない場合があります。

痛みがない場合 ドックベストセメント治療が可能な場合がほとんどです(神経が壊死している場合を除く)。
冷たいものがしみる場合 ドックベストセメント治療が可能な場合がほとんどです。
熱いもので痛みを感じる場合 神経が炎症を起こしている可能性があり、ドックベストセメントによる治療はできません。
何もしなくても痛い 神経が炎症を起こしている可能性があり、ドックベストセメントによる治療はできません。

プラズマレーザー

根管治療(根の治療)

削らない虫歯(歯根)治療

根の治療は、そもそも人間の手ではすべてを取り除くのは不可能です。

なぜなら、単純な形態をしていないからです。

植物の根のように、枝分かれしており、その形態は複雑になっています

また、神経が入っている周囲は「象牙細管」と呼ばれる組織で構成され、

中空形状(ストロー)の物が束になっている組織です。

つまり、根の壁は、穴だらけというのが、現状です。

その穴と最近の大きさの関係は、残念ながら、最近の方が小さいのです。

根の治療の現実は、

最近の数を極力少なくして封じ込めるという治療方法なのです。

無菌化して、封鎖しているわけではないのです。

そこで、当院の所有するストリークレーザー(プラズマレーザー)を使用すると、

プラズマレーザーを照射した部分は電子顕微鏡レベルでは歯が溶けている事が確認できます。

これにより、象牙細管の入り口の穴を塞ぐ事が可能となります。

菌の侵入を防ぐ事ができるので、

根管治療において非常に大きな効果を発揮します。

プラズマレーザーを使用することで、根管(歯根内の神経などが通る管)内の細菌を、徹底的に殺菌・除去することができます。根管内に細菌を残すことがなくなれば、それだけ虫歯の再発リスクを下げることができます。

また、レーザーが根に当たる瞬間に、衝撃派が発生します。この衝撃は、細菌に対して10000Gもの重力を加える事ができるといわれています。簡単に言うと、細菌の体重の1万倍の重さで圧死させるという事です。

もちろん、殺菌灯のようプラズマレーザーの光自体にも、殺菌作用があります。

「光殺菌」「衝撃波殺菌」「通路封鎖」ができるのが、特徴です。

これは、マイクロスコープと呼ばれる顕微鏡による根の治療をしても、出来ない事です。

この治療法を使用すると、1回で根の治療を終わらせ、即日型取りまで可能となります。

歯質強化

歯質強化

生まれつき歯の質の弱り方もいます。しかし、そのような方でも、レーザーを当てる事によって、歯の質を強化する事ができます。平成元年に論文で発表されています。
これが広まれば、すごいなと思いますが、プラズマレーザーは購入費用が1000万円を超える高額なレーザーなので、どの歯科医院も購入できるわけではありません。
虫歯の原因の1つは、虫歯の原因菌が、食べ物などに含まれる糖分を分解し、酸を産出して歯の表面や歯の内部の象牙質を溶かしていく状態です。

歯全体にプラズマレーザーを照射することで、虫歯の酸に対するエナメル質および象牙質の抵抗力を向上させ、虫歯になりにくくすることができます。

また、同時に知覚過敏を軽減することも期待できます。

歯周殺菌

歯周殺菌

歯肉炎や歯周病などの治療にもプラズマレーザーは大きな効果を発揮します。

これまで歯肉を切開する方法でも除去が困難だった、歯と歯肉の隙間の奥に付着した歯石や歯垢も、プラズマレーザーを照射するだけで徹底的に除去・殺菌することができます。歯肉を切開する必要がないので、身体への負担や痛みも少なく、患者さまのストレスを軽減することができます。

また、保険診療での一般的な歯周病の治療の場合では、歯肉を切開する治療を含めてさまざまな治療工程があり、治療が完了するまで5ヵ月ほどはかかります。一方プラズマレーザーによる治療では、一日で治療を完了することができるのです。

プラズマレーザーによる歯周病治療の流れ

  1. 歯周病の状態をレントゲン検査などの各種検査をします。
  2. 歯周ポケット内ににプラズマレーザーを照射し歯肉部分を殺菌します。
  3. 歯周ポケット内をレーザーと殺菌水でダブルで除去し、歯周病菌を殺菌していきます。
  4. 最後に治癒促進のレーザーを照射して治療は終了です。
    治療後もお口の殺菌状態を保つために、毎日ご自宅でPOICをしていただきます。